XAVC PXW-Fs5

PXW FS5/4K・S-Log

PXW-FS5は、トータルラチチュード14stop、基準ISO感度3200の高感度スーパー35mm CMOSイメージセンサーを搭載。 100Mbpsのビットレート(4K 30p/24p XAVC)による収録が可能で、フルHD撮影時には10bit 4:2:2記録が可能。 また、240fpsのハイフレームレート撮影(最大8秒)に対応し、最大10倍のスローモーションが行えます。

S-Log2、S-Log3、S-Gamut、S-Gamut3、S-Gamut3.Cineのガンマ・色域をサポート。将来本体のファームウェアアップデートによりRAW映像出力にも対応予定。 記録フォーマットは、XAVC(Long GOP 4:2:2/Long GOP 4:2:0)、AVCHD Ver.2.0、XAVC Proxyの4種類に対応。カードスロットはSDを2系統装備。 同時記録機能及びバックアップ機能もあります。

PXW FS5

本体重量約0.8kgという小型・軽量ボディを実現しました。手持ち撮影の時に高い機動力を発揮するほか、 ドローン、ジンバル、スタビライザーの使用にも適した設計になっています。

ハンドル、グリップを取り外し、ファインダーパネルのみをボデイ上面後部にとりつけます。 RONIN-MにPXW FS5搭載 18-105mmズームを装着したままでバランスが出せます。RONIN-Mの他、Movi M10にも同じ方法で搭載できます。

Movi M10にPXW FS5搭載

PXW FS5/HXR-IFR5/AXS-R5

PXW FS5/HXR-IFR5/AXS-R5

FS5のEマウントレンズのオートフォーカス機能をご活用いただければフォーカス合わせが容易にでき、4K収録においてもワンマンオペレートが安心にできます。

4K解像度
60/30/24p連続収録、約4秒の120fps収録も可能
2K解像度
60/30/24pのほか、240/120fpsの連続収録が可能で、 NEX-FS5のみでは不可能な高画質ハイスピード連続撮影を実現します。

RAW出力時においても、PXW-FS5側でXAVC-S記録が可能です。PXW-FS5の記録START/STOPボタンで、 連動したRAW記録が可能なので、 タイムコードが同期したオフライン編集用素材として活用できます。

撮影時のモニタリングに、PXW-FS5のHDMI/コンポーネント/ビデオ出力やAXS-R5のAUX OUT端子を活用できます。 撮影時に露出を適切にモニタリングするために、 ファインダーパネルでのLogガンマ変換アシスト表示機能もございます。